· 

日系人ファミリーのビザ

2012年からサポートさせてもらっている日系人

(中南米)ファミリーの件、3年たったので、旦那さんとお子さんの資格変更、更新をしました。

 

そもそもは、日系4世のお嬢さんが、ペルーで結婚した旦那さんとペルー生まれのお子さんを招聘するところからサポート開始。しかしながら、いろいろあって資力が伴わず、最初の認定は不交付。いろいろと書類集め、作成に奔走し、なんとか旦那さんとお子さんが来日できました。来日の際も、本国の査証申請のところで、いろいろとひと悶着あったのですが、この件はほんとうに勉強になりました。

 

 

その後、お嬢さんはお母さんの永住許可申請を行い、年金や収入の件がかなり厳しくもありましたが、追完書類等苦労しましたが、なんとか許可。

(こんなに大変だとおもった永住申請はありません)

 

そして、今回、更新の時期。

旦那さんは永住者の配偶者への変更とし、息子さんは定住者の更新。

いずれも3年もらえるように、立証資料をそろえ申請しました。

お子さんも小さいし、実はもう一人日本で生まれていてお嬢さんはフルタイムで働くことができません。旦那さんも、病気やケガのため、住民税の納税がされるほどではありませんでした。

そのため、理由書を作成し、多方面から資料を集め、3年をもらうことができました。

あとはしっかり家族が生計をたてて、納税していければ家族全員が永住者になれるかな。

 

でも日系人の方の就労状況はとても厳しく、本国では本当にいい職業についていたと思われるのですが、日本では派遣会社や工場労働者として、3Kの職場についています。労災に遭う方も多いと感じます。

技能実習制度ばかりクローズアップされていますが、日系人の方の就労環境・日本語教育についても、再考する機会が必要と思います。(派遣ではなく、直接雇用や社保加入等充実させてほしい)