短期滞在の査証申請(特段の事情)

コロナのせいで、査証免除がいま中断しているので、査証申請の際に一手間かかるようになりました。いままでは認められた国(査証免除国)の方であれば、旅券をもってすぐ飛行機に乗って日本にやってくることができました、よね。

 

例として、アメリカ・カナダの方が、思い立ってすぐ日本に観光や親族に会いにくることできました。

あまりにもそれが当たり前だったので・・・それがなくなり、査証申請という手続きをするとなると、結構壁にぶつかります。

 

そして、やはり、配偶者や子ども、という分かりやすい家族関係なら、行政書士に頼まなくてもご自身でできるかもしれませんが、依頼されるものは、その家族関係の証明が少し難しかったりするものが多く、関係各所に説明したり、書類を入手するのに苦労したりします。

 

でも、ここ最近は、査証免除国の査証申請にも慣れてきて・・海外の機関にスカイプ固定電話もできることがわかり(音質もとてもよい)、お客さんともZoomで話せるし、意思疎通がしやすくなりました。

 

ここ数ヶ月でいろいろ抱えていた子どもビザ案件の方向性が見えてきて、気が楽になりました。後半も適度にがんばります。