· 

告示のタイミング

そろそろ許可が出てもいいのに・・という件。

久しぶりにお宅の近くにいったこともあり、お留守を覚悟でカレンダーをお持ちしてきました。 

翌日、ルルルとお電話で、「官報にのってた!」と喜びの声。毎朝官報は見ていますが、見られずそのまま外出の日もあり、ちょうどそのときにご本人が自ら確認された、というわけでした。 

告示=日本国籍 になるので、いくら外国人登録証明書があっても、本国旅券があっても、日本国籍なのです。・・告示の翌日に外国にいく予定があると、かなりまずいように思います。出国はできてしまうかもしれません(→あくまでも推測です。)しかし、帰国の際、旅券を持たず・・になるとさて、どうなるか。面倒ですね。帰化申請中の出国はきちんと担当者に連絡をします。帰化がそろそろ出そう~という時期のやむなき出国がある場合は、きちんと連絡をし、帰国をまってから帰化がおりると経験上思います。 

告示の件に戻りますが、法務局の担当者は告示があってから数日後、電話をしてきます。 

前日依頼者さんのところに行ったのは法務大臣のお告げ? 

決済してから、官報の印刷までのタイミングが気になります。